市販の介護食とはどんなものなのか

市販の介護食の分類

市販の介護食は介護食の種類をわかりやすくするために、UFDが記載されています。
UFDとはユニバーサルデザインフードといい、介護食だけではなく通常の食事として食べやすさに配慮された食べ物のことです。
利用者にわかりやすいように食品のパッケージに記載されています。
UFDは堅さや粘度によって4つの区分で記されており、その中から適した介護食を選びます。

区分1は、容易にかめる、です。
大きかったり堅いものは食べづらいが、飲み込むことができる人に向いています。
区分2は、歯茎でつぶせる、です。
硬いものや大きいものは食べづらく、飲み込むことが少し辛い人に向けです。
区分3は、下でつぶせる、です。
細かいものは食べれるが、水分の飲み込みが辛い人向けです。
区分4は、噛まなくてよい、です。
固形物は食べづらく、水分も飲み込み辛い人向けです。

市販の介護食の良さ

介護食の理想は手作りといわれています。
しかし、毎食を作ると手間がかかってしまうことと、大量に作ることができないためコストもかかってしまいます。
家族全員で介護食にするわけにもいかないので、料理をする回数が増えます。
市販の介護食ですと、適量な上に低コストで売っています。
市販の介護食にはユニバーサルデザインフードが必ず表記されていますので、堅さの程度も簡単に選ぶことができます。

市販の介護食は、栄養や塩分などを考慮していますので、手作りよりも栄養を管理しやすいのです。
常温で長期間保存できますので、非常食としても優秀です。
市販の介護食はバリエーションが豊富ですので、食事に飽きることはあまりないでしょう。


▲ TOPへ戻る