介護食の種類と内容

介護食は毎回作るとなると大変な手間とコストがかかります。 特に仕事をしながらの介護は難しく、仕事中に介護食を作ることができません。 そのため、レトルトの介護食を使えば手間やコストをかけずに作ることができます。 通販ですと買い物の手間さえ解消できるのです。

美味しい介護食は存在するのか

介護食は通常の食事を食べやすいようにどろどろにしたもの、とあまり美味しそうな印象は受けません。 実際に病院などで出る介護食は、コストを下げているためか美味しいといえるものではないものが多いです。 栄養は管理できているが味までは突き詰めることができないのが現状です。

介護食の通販の種類

介護食の種類は多く、様々な人に合わせることができます。
その目的は通常の食事が困難とされる人にでも美味しく楽しい食事を提供することにあります。

介護食でも常食と言われる食事があります。
高齢者や病気でも食事制限のない人がとることのできる食事です。
病院などの食事のプレートなどによく書かれています。
常食ですが介護食に分類されています。

次に固形の介護食です。
固形の介護食は一般的にやわらか食と呼ばれています。
咀嚼や嚥下といった動作が弱く、従来の固形物を食べられない人向けに開発された介護食となっています。

そして薬や固形物を飲みやすくする介護食です。
片栗粉などでとろみをつけたり、ゼリー状にして食べやすくした食事です。
飲み込む機能が著しく低下している人に向けた食事です。

最後に液体の介護食です。
液体の介護食の中にミキサー食といわれるものがあります。
その名の通り食べ物をミキサーにかけて液体状にします。
噛むことができない人や飲み込むことが困難な人に向けた食事です。
他に、流動食というものがあります。
普通の食事ができないため、食べ物を液状にしてチューブなどを利用してとる食事です。
食事を取ること自体が困難な人の食事です。
流動食は胃や腸にかかるストレスを最小限にするものの、そのぶん栄養分やエネルギーの摂取量がすくなくなってしまいます。
そのため、流動食の栄養価を高めるための工夫が凝らされています。
長年の研究によってこうしてレパートリーが増えていることもあり、今後さまざまなメニューの追加が期待されています。

おすすめリンク

市販の介護食とはどんなものなのか

市販の介護食はスーパーやドラッグストアなどに売られています。 介護食は通常の食品と見比べられるように規定の表記が書かれています。 介護食にはどんな表記が書いてあるのでしょうか。 また、何を基準にして選ぶとよいのでしょうか。 適した介護食を選びましょう。

▲ TOPへ戻る